遠征レポートが「サッカーキング」に掲載されました

エフチャンネル学生選抜のイタリア遠征の様子が「サッカーキング」に掲載されました。
以下掲載記事同文。

史上初「ソサイチ学生選抜」を組織しイタリア遠征へ

「だれもが いつでも どこでも フットボールを楽しめる環境づくり」を理念に、多くのフットボールイベントを手掛けるエフチャンネル一般社団法人日本ソサイチ連盟と共に、史上初となる「ソサイチ学生選抜」を結成し12月のイタリア遠征に臨んだ。

ソサイチ学生選抜は、9月に行われた学生ソサイチ王者を決める大会「KING OF SOCEITY 2018」の優秀選手と、熱い気持ちを持った一般応募選手でセレクション行いチームを結成。12/4(火)~11(水)の期間にイタリアの地で戦いを挑んだ。

遠征前には国内でトレーニングや強化試合を実施。
ソサイチ関東リーグ所属の「LAZO.FC」や「サッカー同好会選抜」とのトレーニングマッチなどを通じて、徐々にチームとしてまとまりが見られるようになっていった。現地での結果は4戦全勝。少し物足りない対戦相手であった感も拭えないが、しっかりと結果を出した選手達を讃えたい。

いつもと違う食事。いつもと違う寝床。コンビニも無いし言葉も通じない。海外に行ったのだから当たり前のことだが、その“当たり前”を経験できる人は限られている。本場セリエA(ACミラン×トリノ)の試合も観戦し、サッカー先進国の文化にも触れることが出来た。

「学生生活は長いようで短い。いつもと違う環境で、違う大学の仲間と過ごしたこの期間。日本とは何もかも違う場所での経験はみんなの今後の人生においてもかけがえのないものとなったと思う。サッカーでもフットサルでも勉強でも、今回のこの経験を活かしてこれからも何かに熱くなって欲しい。そしてせっかく触れたソサイチなので、ぜひまた取り組んでほしい。みんなが熱くなれるようなソサイチ大会を準備して待っています、またそこで再会しましょう…!」同行したエフチャンネルのスタッフ立山はそう言って選手達と熱い握手を交わした。

エフチャンネルでは通常のワンデイ大会だけではなく、学生ソサイチのナンバー1を決める「KING OF SOCEITY」や賞金を懸けた全国大会「CHAMPIONS CUP」を毎年開催。これからも選手達が本気になれる環境を常に提供し続けていく。そして来年も「ソサイチ学生選抜」を結成して海外遠征を実施することも決定している。

「ソサイチ学生選抜」公式サイト

ソサイチとは?
南米発祥でポルトガル語の『society(ソサイチ=社交、社会の意)』が語源で、主にコミュニティの交流や社交を目的として楽しまれてきた7人制のサッカー。国内では一般社団法人日本ソサイチ連盟が2006年から競技の普及活動を行っており、2017年には関東/関西/東海/北海道の4地域で公式リーグが開幕するなど、ここ数年で飛躍的に認知度が高まっている。

ソサイチ海外遠征レポート記事

PAGE TOP